花の降る午後に

~宮本輝さんへの手紙~

【79-7】『流転の海』全9巻  (その7){ 1~9巻のテーマ別  読後感を記載 }

宮本  輝 さま

 謹啓

『流転の海』の中に何度か出てくる『宿命』について、繰り返し考えておりました。このテーマは避けて通れません。「運命」という言葉なら、耳慣れております。それは、自分の意志に関係なく突然訪れる、降って湧いたような幸不幸の転機だろうと…

『流転の海』では、何度も『伸仁』は、危機一髪の災難から逃れています。『鳩の糞の大きな塊』が、体の直ぐ横に落ちてきたり『野壺』にはまったり。『熊吾』も倒壊した建物から奇跡のように逃れたり、重いドアに挟まれても、手の指を失わずに済みました。『房江』も自殺する覚悟だったのに、偶然、命を守られます。これらは全て「運命」の仕業だと思っています。 

では『宿命』とはなんでしょう。『運命と宿命』はどう違うのでしょうか。『房江』さんも考えています。『宿命とは命に宿る』と書くのだと…

だとするなら「運命」とは、自分の《外》からくるものであり『宿命』とは、生まれた時に既に自分の《内》に在るものだと考えました。

『宿命』について…

『熊吾』は、『父の故郷』に立ち、山や川や空や風や星を眺めて、故郷の空気を吸い込みながら《血の騒ぎを聴く》のです。 『血の騒ぎ』とは、言葉にできない、溜息や、呻きや、叫びや、願いや、悲鳴や、祈りや、歓喜の歌…のようなもの。深い静かな、体の奥のからの衝動。それこそが『宿命』を掌る正体のように思います。 父母や、もっと前の先祖から受け継がれた《血の騒ぎ》は、それぞれの命の中で育まれながらその姿を現します。幸福に繋がる喜ばしい『宿命』も、そうでない『宿命』も、やはり受け継がれているのです。父母が育った故郷は、自分の『宿命』と向き合い、刻まれた命の傾向を知る場所なのでしょう。

物語の中に、落語『鴻池の犬』が登場します。『伸仁』の落語好きの一場面として描かれています。『3 匹の犬』は、同じ親から同じ時刻に生まれ、一緒に道端に捨てられたのです。体の色は黒、ブチ、白と、三匹三様です。体の色の違いから分かるように生まれた時、既に『宿命』は始まっています。3匹は『宿命』に操られたように生き、しかも1匹は早くに死んでしまいます。同じ親から生まれても『宿命』は、個体ごとに、命に宿っているのです。落語ですから面白おかしく語られていますが、この噺を聞いていて、犬は『宿命』に従って生きるしかないのですが、人間には「宿命との戦い」が、きっとあるのだろうと思ったのです。そうでなければ『宿命』だけに支配された人生など、生きる意味が見つけられません。『宿命』を好転させたいと強く思ったなら、まず自分の『宿命』の傾向をしっかり掴まなければ、戦う事は出来ません。

長くなりましたので『宿命』については、あと少し、次のお便りに書かせて頂きます

f:id:m385030:20190119180948j:plain

写真は『熊吾』の故郷のイメージを感じてお借り致しました。このような美しい山里を守る事は、日本と日本人の心を守ることのように思います。『熊吾』の故郷 の、災害で崩されてしまった山々は、復興まで長い年月がかかります。お見舞い申し上げます。寒い日が続きます。御自愛くださいませ。どうかごきげんよう                                                                                                       謹 白

 

                                                                    清   月       蓮

 

 

 

流転の海 第1部 (新潮文庫)

流転の海 第1部 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第5部 花の回廊 (新潮文庫)

流転の海 第5部 花の回廊 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第7部 満月の道 (新潮文庫)

流転の海 第7部 満月の道 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第8部 長流の畔 (新潮文庫)

流転の海 第8部 長流の畔 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第9部 野の春

流転の海 第9部 野の春

 

 

【79-6】『流転の海』  全9巻   (その6 ){ 1~9巻のテーマ別  読後感を記載 }

宮本  輝 さま

 謹啓

2019年が始まりました。賑やかでお忙しいお正月をお過ごしの事と思い、先週はお手紙を控えておりました。今年もご家族の皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。

『流転の海』は、作家 宮本 輝さんがお書きになった長編小説です。わかってはいるのですが、読みながら幾度も、これはお父上『熊吾』さんが書いておられるのだと、本気で思うことがありました。『憑依』とは、作者が登場人物になりきることだそうですが、読み手も、何か近いものを実感させて頂けたのかもしれません。深夜『息子』が筆を運ぶ傍らに、絶えず付き添って「おい、伸仁、そうじゃ、そうじゃ…」と相槌を打ちながら、髭を撫でている『熊吾』さんが浮かんできた時の、こみ上げる嬉しさを思い出しております。

ほとほと感心するのは『熊吾』の気っ風の良さです。『欲』といえば事業に対するものだけで『玉木』に大金を奪われた事が発覚した直後であっても、そばにいる『シンゾウくん』の労に対して、きちんと労りの施しを忘れないのです。こんな時は、普通なら1円も出せない心境に陥る瞬間だと思うのです。『熊吾』は頭で計算しているのではなく、自分がそうしてやれば、人が助かったり、元気を出して頑張れると判断すれば、吝嗇な迷いはないのです。全編を通して『熊吾』が他人の為に労した時間と、費用の多さに驚くばかりです。『熊吾』はそうやってずっと生きてきたのです。未来の世の中で活躍するであろう人々に、期待や展望や、何より愛情があったのです。人への未来の投資は彼の生き様なのです。そこにぶれがないので、彼は絶えず堂々としていて、恐れるものは何もなかったのだと思います。たとえ相手がヤクザであろうとも…         けれど、たった一度だけ『慈雨の音』で、勇猛な『熊吾』が『餘部駅の鉄橋』を前にして、脚を震わせ怖がっている姿がありました。この場面は『房江』の覚悟の決め方も潔く、対する『熊吾』が、なんだか可愛く見えたほどでした。

最近の日本にこんな人物は中々いません。

それを考えた時、思い浮かぶのは、現役で働いていた頃の義兄のことです。札幌で大学を卒業後、10年余り企業に勤め、その後自分で建設会社を興しました。彼の口癖は「天に貯金」でした。『流転の海』が発売になった時、札幌に住む姉に「姉ちゃん、これ義兄みたいやでェ」と言いつつ、本を送った日を思い出します。姉も『房江』さんに似たところがあるように思います。一時は多くの会社を経営した時期もありました。それでも姉は『房江』さんがしたように、いつか、義兄がどうしても資金繰りに困った時の為に、絶えず節約して贅沢はせず、息子たちにも甘い顔は見せない人でした。そして、残念にも、姉の貯めたお金は、晩年になり、とうとう役に立つことになってしまいました。  お金に執着がない人は、やがて経営難に合うのでしょうか。その結果、辛い時期もありましたが、今は善き人々に恵まれ、穏やかな幸せな日々を過ごしています。姉の話では『流転の海』を熱心に読み始めているそうです。

私にとって、『流転の海』は、「思い当たる人々」や「思い浮かぶ光景」が数多く出て来て、愉しいだけの「小説」ではありませんでした。ですから、どなたかが「登場人物」を全て数えられたようですが、私の中では、一人の人物に重なる現実の人物や、想起される宮本輝さんの他の作品の登場人物なども同時に思い浮かぶので、人数はもっともっと多いのです。

f:id:m385030:20190112144440j:plain

写真は『熊吾』が、一人沖に漕ぎ出し、また新たな目標に向かう朝の海のように感じました。同時に始ったばかりの新しい年の平安の中で、ますます意欲的な作家 宮本 輝さんのご執筆への決意と意欲を想起 致しましたので、お借りしました。またお便り致します。どうかごきげんよう

                                                                                       

                                                                                 謹 白

 

                                                                      清   月      蓮

 

 

流転の海 第1部 (新潮文庫)

流転の海 第1部 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

 
流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第5部 花の回廊 (新潮文庫)

流転の海 第5部 花の回廊 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第7部 満月の道 (新潮文庫)

流転の海 第7部 満月の道 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第8部 長流の畔 (新潮文庫)

流転の海 第8部 長流の畔 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第9部 野の春

流転の海 第9部 野の春

 

 

【79-5】『流転の海』 全9巻 (その 5) {1~9巻のテーマ別  読後感を記載 }

宮本  輝 さま

 謹啓

長い物語の中の、心に残るシーンを思い浮かべております。

衝撃的で、恐ろしいほど忘れ難いシーンは、いくつかありましたが「血や戦い」を伴うので、怖くて、早読みをしてやり過ごしたかも知れません。読み終わって浮かぶのは「幸せな瞬間」が描かれていた場面かと思います。『地の星』では可愛い『伸仁』が振り回す虫取り網、『血脈の火』では、血の繋がらない『正澄』と『美恵』が、仲良く『同じ布団』で眠る幸福そうな寝顔が見えた気がしました。中でも一番好きなシーンは、『野の春』に描かれていた14人の『熊吾』を慕う人たちが、彼の死を知らされて『駆けつける場面』を思い描くことでした。『熊吾』は亡くなりましたが、心の中を悲しみの涙ではない、何か温かいものに満たされてゆくのを感じました。本当に素晴らしいラストシーンでした。最後までこの物語を読ませて頂けた幸せを強く感じました。改めてお礼申し上げます。

私も父を亡くしたのは春でした。

今でも鮮明に浮かぶ光景があります。枚方市の古い病院で、93歳で亡くなったのですが、自宅へ一度連れ帰る事も叶わず、姉とふた晩の通夜の後、簡単な葬儀を済ませて、いよいよ火葬場へ行く時間になりました。その時、疲れ果てていた体の奥から、不意に大きな悲しみが湧き出しました。いつか見たあの業火のような強い炎に、父の体が焼かれてしまうのだと気づいたのです。不安な気持ちのまま小さな車に乗りました。窓を開けると、ちょうど桜の散る時期で 、花びらが風に舞いながら窓から入ってきました。道の右側は細い川です。せせらぎの音が聴こえます。堤には、芝桜の桃色の帯が続き、たんぽぽや、まだ咲き残っていたレンギョウが風に揺れるのが見えたのです。なんて美しい春の日だろう。父は春に生まれ、春に天に旅立つのです。こんなに祝福されて…

父は最後の10年は、殆ど寝たきりで、トイレになんとか立てるくらいでした。若い頃、お洒落でカメラが好きで、文芸にも目を向ける人でしたが、最後はすっかり白くなった髪を気遣う力もなくなっていました。自己主張も強く『熊吾』に似たところも沢山ありました。病いに伏せるまでは、寧ろ父を許せなかった気持ちが強かったのです。横暴で我儘で自己中心的で激情を抑えられない人だったからです。そんな父が、看病していた時期には、私の顔を見ると、いつも「ええでェ、父ちゃん平気や、おおきになぁ」とばかり繰り返していました。人は死期が近づくと「仏の心」になるんだと思ったものでした。『房江』が『熊吾』に最後に言った言葉『…お父ちゃん、これまでのこと、全部帳消しにしてあげる』……遠い日の父に、私も同じことをそっと呟きました。

f:id:m385030:20181229200520j:plain

写真は、全てを許して、晴れた心のような美しい一枚をお借り致しました。今年もあと僅かです。良いお年をお迎え下さいませ。また新年にお便り致します。どうかごきげんよう                                                                      

                                                                               謹白                                                                             

                     清 月    蓮

 

 

流転の海 第1部 (新潮文庫)

流転の海 第1部 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第5部 花の回廊 (新潮文庫)

流転の海 第5部 花の回廊 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第7部 満月の道 (新潮文庫)

流転の海 第7部 満月の道 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第8部 長流の畔 (新潮文庫)

流転の海 第8部 長流の畔 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第9部 野の春

流転の海 第9部 野の春

 

 

【79-4】『流転の海』全9巻 (その4 ) {1~9巻のテーマ別  読後感を記載 }

宮本 輝 さま

 謹啓

『流転の海』の登場人物の現れ方の、自然な流れの妙には絶えず驚かされます。この写真の、色づいた沢山の紅葉を「登場人物」と見立てますと、こんなに沢山の人々が登場したのです。『熊吾』の家族は勿論の事、無二の親友『周 栄文』その『妻と娘』  商売の助っ人運送屋の『丸尾 千代麿』   昔ながらの商売仲間『井草 正乃助』『海老原 太一』『柳田 元雄』『河内 善助』そして、戦後の闇市で遭遇した『辻堂 忠』    なんとも色っぽい幾人もの『女たち』     熊吾の家族を救った『筒井医師』『小谷医師』    舶来の粉ミルクと『哺乳瓶』を探してくれた『木戸 久光』   人として器の大きい『和田 茂十』…書ききれない多くの人々…

こんな中『野の春』まで読みますと『丸尾  千代麿』と『辻堂 忠』の2人にスポットを当ててみたくなりました。二人は、両極端な要素を持っています。学歴、容姿、行動においてです。『熊吾』とは、2人とも血の繋がりもなく人生の途中で出会い、ある時期は離れて暮らします。どうしても『辻堂 忠』に肩入れしたくなります。帝大出のエリートで、きっと背も高く鼻も高く、冷静で仕事もこなせる人だと思えるからです。『熊吾』の強い戦力になると思うと嬉しくなりました。愛していた妻子を『原爆』により殺された事で、自分を責める彼にも同情心が湧きました。一方『丸尾  千代麿』は、名前こそ高貴ですが、ご面相は期待できません。言葉遣いも、丸出しの庶民派です。おまけに『妻以外の女』との間に子供まで作ってしまいます。

そして時は流れました。

2人はどうなったでしょう。『どんでん返し』とはこの事です。『丸尾 千代麿』は最後の最後まで『熊吾』を信じ、戦後の仕事のない時に助けられた『恩』を忘れず、何より『熊吾』が好きでした。そして『血の通った子』も『そうでない子』も、分け隔てなく育てます。彼の『妻』は悩んだ末に、大きな心で全てを受け入れ、骨惜しみせずによく働く人でした。   

 翻って『辻堂 忠』は、美人で財閥の娘『亜矢子』との、純粋とは言い難い関係を、再婚後までも続けていたのです。思えば彼は『熊吾』の口利きで『大きな証券会社』に就職しました。その時、感謝の言葉を述べる彼に『熊吾』は言いました。『約束じゃ。わしが死んだら、伸仁を助けてやってくれ、頼んだぞ』         ですが…『熊吾』の我が子への愛情からの『辻堂』との約束は、見事に裏切られる事になりました。祈るような気持ちで『野の春』を読んでいた時『辻堂 忠』の、人としての酷い仕打ちを知ることになり、その事実は火のような痛みをもたらし、棘が突き刺ったようでした。誠実に仕事をこなし『熊吾』を助けた時期もあった人間の「豹変」ぶりが、信じられなかったのです。でも、その時、ひとつのシーンが浮かびました。『戦争中の回想』の場面で『辻堂 忠』は捕らえられた『敵国の兵士の首を撥ねる役目』が、自分に課せられそうになった時、咄嗟の判断でそこから逃げ出し『一番親しかった友の兵士』にその任を押し付けたのです。『辻堂 忠』の心の底の「本性」は、環境が豊かになっても、仕事に成功しようとも、消えてはいなかったのです。

『野の春』に、過去の登場人物が次々と出て来た時、涙が滲んできました。「懐かしい人々」「忘れられない人々」が、最後に私に手を振って笑顔で別れを告げにきてくれたように感じました。

f:id:m385030:20181222150255j:plain

お借りした写真にある「二本の太い幹」は「恩を忘れない、人を裏切らない人達」と「自分の欲や自尊心の為なら、平気で人を切り捨てたり、裏切ったりできる人達」が、物語の中からこのようにくっきりと甦ってきました。またお便り致します。どうかごきげんよう                                                                                                       謹白

 

                                                                      清   月     蓮 

【79-3】『流転の海』全9巻 (その3 ) { 1~9巻のテーマ別  読後感を記載 }

宮本  輝 さま

 謹啓

今夜は『房江』さんが、私の耳元で〈囁く声〉が聴こえてきました。

 

《 …稀有な運命に従うように、できることはやってきました。幼い頃はただ哀しくて、実の父にも捨てられて、いつもひとりぽっちでした。『奉公先』では力の限り働いても、受けるのは『折檻』の鞭でした。よく無事に成人できたと、自分の過去を振り返ります。『義母』が勧めた最初の結婚は、私を苦しめる縄のようで、誰かの為に働く気力さえ体の中から抜けてゆきました。その時、逃げるように辿り着いた『姉の家族』のやさしさに、救われたのです。二人の『姪』から「字」を学び「手仕事」を教えてもらいながら、私もまた生きてもいいのかと…初めて思ったのです。『まち川』の仕事は、新しい人生の入口でした。眠っていた機転の速さや、どんなに苦しくても守り抜いた金銭への潔癖さを認められて、未来に希望も生まれました。そんな時、出逢った『熊吾』に強く惹かれてゆきました。そして『伸仁』を授かり、流れた日々は、家族と周りの人達を大切にして懸命に働いて暮らしました。

思えば、私の人生にはいつも「食べ物」がそばにありました。中でも人生の節目に必ず登場した『鰻重』の事はよく思い出されてきます。 心も体も疲れ果て『婚家』から逃げて来た『姉の家』で、寝ている『枕元』に用意してくれた『鰻』を、私は嫌いでしかなかったのです。なのに、学校に行けなかった劣等感を少しでも拭う為に始めた『ペン習字の修了証書』が届いた日に『伸仁』と大阪で食べた『鰻重』は、本当に美味しかった。不思議なのは『夫の裏切り』を知り、生きる希望さえ失くし、死ぬ気で『プロバリン』を買って向かった『城崎』で、またしても『鰻重』を食べることになったのです。胃の中の『鰻重』が、まるで私に「生きろ」と言っているかのように、命を救われたのです。ですから、救われた命を『息子』の為に生きることに決めました。「食べ物」を作ることならできますとも。『伸仁』を大学に通わせて、なんとしても卒業させることが、私のこれからの「息子への贖罪」です。今では『女』と暮らす『熊吾』の事は、憎いような、どうでもいいような、それでもやっぱり尊敬と愛おしい気持ちは隠せません。いつか私の元へ戻ってくるまで『多幸クラブの社員食堂』で、少しでも喜ばれる『料理』を作って頑張るつもりです。そんな日々が続いていたのに、いつのまにか夫の『糖尿病』は悪化して、とうとう倒れてしまいました。病院のベットで『父』と『息子』は、まるで『接吻」のように、長い時間『おでこをくっつけて』いました。記憶に残るこれまでの時間を、お互いに通い合わせていたのでしょうか。私は『熊吾』の『泣き顔』のような表情を見て「お父ちゃんよくやったね。約束を守ったね。本当におめでとう」と心の中で語りかけました。

夫が亡くなった次の日に、駆けつけて来てくれた人達。その姿を見た時、いつか『同じ光景』を見たことがあると感じたのです。    その時は、はっきりしませんでしたが、それは…そう、夫が『ペン習字の修了証書』の褒美に『万年筆』を買ってくれた日に入った『映画館』です。題名もわからないスクリーンに映し出された映画の『ラストシーン』が目に飛び込んできました。ボロとしか言いようのない衣服に身を包んだ多勢の人々。『ロバも猫も 犬も老人も子供』もいる一団が、みんな愉しげに、まるで希望に向かって旗を振りながら歩いている映像でした。その人達のこれまでの『苦労』など、観たくもありません。自分の『過去』だって考えたくもありません。ただ前へ向かって歓びに満ちて歩くだけです。その場面を思い出し、どのような『過去』があろうと、私の夫は『熊吾』ひとりであり、息子は『伸仁』だけだと、改めて思ったのです。これから、もうひと頑張りして、こんな風に朗らかに歩いてゆけば、必ず幸せな『大草原』に行けるだろうと、そう思ったのです… 》

 

この『房江』さんの《囁く声》は、私の思い込みが過分に入り混じっております。読みながら彼女と同苦し、幸せな時は共に歓ぶ事が出来た、とても身近に感じられる人でした。

f:id:m385030:20181215102622j:plain

写真は、ひとり自分を見つめ、微笑みながら生きる『房江』さんの心のように感じてお借りしました。この白鳥のように、その後ろ姿のなんと美しいことでしょう。

ご自愛下さいませ。またお便り致します。どうかごきげんよう                                                                                                               謹白

 

                                                                  清    月        蓮

 

 

流転の海 第1部 (新潮文庫)

流転の海 第1部 (新潮文庫)

 

 

 

 

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第5部 花の回廊 (新潮文庫)

流転の海 第5部 花の回廊 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第7部 満月の道 (新潮文庫)

流転の海 第7部 満月の道 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第8部 長流の畔 (新潮文庫)

流転の海 第8部 長流の畔 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第9部 野の春

流転の海 第9部 野の春

 

 

【79-2】『流転の海』 全9巻 (その2)  {1~9巻のテーマ別  読後感を記載 }

宮本輝さま

 謹啓

長編の題名『流転の海』は、人生 山あり谷あり…の意味だけでなく、幾千年前から繰り返し繰り返された生と死の限りない変遷のように思います。 登場人物は、読み手を人生の『海』まで導く案内人。様々な人々が『熊吾』に関わり、頼りにし助けられて生き、ある者は離れてゆき、突然、病いや事故で死んでしまったりします。物語は手足をもぎ取られた『大阪の闇市』を舞台に始まります。幼い少年が『死んでしまった妹をいつまでもおぶった姿』で出てきます。駅には浮浪児があてもなく集まり、明日の命も知れぬまま夜を迎えていたのです。

『息子伸仁』が生まれたのが、この時期だったから、物語はここから始まったのだと、初めは思っていました。でも、この壮大な長編小説には、烈しい反戦歌が絶えず聴こえていたことに気づきます。惨たらしく、良いことなど一つもない戦争に対する憎しみ。戦争中に経験した悪夢は、戦後も長い間、兵士だった人間の心を蝕み続けます。戦争の悲惨すぎる『回想』が、漏れる事なく『9巻全て』に、盛り込まれているのです。しかも、予想に反せず、最後の『野の春』には現代に生きる私達が、とるべき方向にすら触れられているのを目にして、とても腑に落ちた気が致しました。今までの作品も、書かんとされた御本意は、必ず物語の中に巧みに練りこまれていました。読み手は自分の考えで読み解くしかなく、読んだ人が、それぞれに「父と子の物語」と読むのも「妻 房江の強さと愛情の物語」「庶民の生老病死の物語」と読むのも素敵です。 ですが、戦後の微かな気配を、幼少期に感じていた私には、それだけでは胸の奥に痛みが残ります。

私の中にあるのは、幼い頃…多分、幼稚園児くらいの時の記憶です。この物語から連想される光景が浮かんでくるのです。当時、阪急宝塚線蛍池駅の地下道には、白い服に身を包んだ傷痍軍人が、片脚を失くしたり、腕をもぎ取られた不自由な身体で、アコーディオンを弾きながら物乞いをしていました。それは私には亡霊達の楽団のように映り、怖くて前を走って通り抜けていました。駅を出ると、木々を日除けにして、数台の『リンタク』が客を待って並んでいました。職を無くした元日本兵のその日暮らしの仕事です。     家に帰ると、一緒に住んでいた明治生まれの祖父がいました。彼は来る日も来る日も、畑で野菜を作り、小屋を建て鶏を飼い、卵を産ませ、糞を茣蓙に広げて陽に干し、肥料にしました。また、山羊を育て、搾りたての乳を台所で沸かしていました。葡萄棚も作り、お餅つきの杵も削り、休まず手を動かすのです。まるでこの中の『音吉』の『槌の音』のように。    もしかしたら手を止めると、思い出したくない戦争の記憶が甦るからではなかったかと…今、思うのです。そんな祖父の寝ていた部屋に、ずっと架けられていた『カーキ色の軍服』の意味。『流転の海』を読んで、祖父の寡黙で何かに耐えているような顔が、遠い時間の底から思い出されてきたのです。

f:id:m385030:20181208112818j:plain

写真は、有るか無きかの僅かな光を、それでもくっきりと放っている美しい繊月の一枚をお借り致しました。物語の中の戦後を生きようとした人々の「意志」のように感じました。  ご自愛くださいませ。どうかごきげんよう

                                                                                 謹白

 

                                                                       清  月      蓮

 

【79-1】『流転の海』全9巻 (その1 )  { 1~9巻のテーマ別  読後感を記載 }

宮本 輝 さま

  謹啓

『流転の海』よりも前に読んだ作品から、自分なりに受け取らせて頂いた事柄で、何が一番の歓びかと言えば、それは「死への確証」だろうと思います。    ある時、作品を読み終えた途端、目の前に、猛烈な勢いで流れ落ちる光の滝を見たのです。それが意味するものを、私は知りません。その時以来、心の中にストンと落ちてきた死への想念が、確かに今も消えずに、ずっと身体にいてくれます。

 以前なら、楽しい時間を、友や家族と賑やかに過ごしていても「私は、いつか呼吸ができなくなり、踠き苦しんで、物も食べられなくなり、衰弱し、死に果てることになるのだ」という絶対的事実に、とても恐怖をもっていたのです。醜い老婆となり、皆に憐れまれて死んでゆくのだという考えが、絶えず頭をよぎっておりました。

 そんな私が、今は心から『死は生が形を変えただけ』であり『一つの通過点』だと心底思えるのです。未来には虹も見えます。

  以来、作家 宮本 輝さんは、私淑する唯お一人の小説家なのです。 年月をかけて、作品を追い続けることは、大きな歓喜となりました。かけがえのない命の意味と、生きる為の沢山の秘儀を教えて頂けたのですから。こんなにも快活に朗らかに生きていけるではありませんか。

  さらに『流転の海』全9巻を読み返すうちに、益々それが確実性を増し、強固になってゆくのを感じております。何故なら、こんなに多勢の人達の生きる姿や、死にゆく姿を見せて頂けたのです。この場面のこの言葉…などとディテールを追うことは、今日はひとつだけにしておくことに致します。 読めば読むほど、胸に広がる「安心感」のようなもの…それこそが、原稿用紙7000枚から立ち昇る、温かな息遣いでなくて、なんだというのでしょう。そしてもう一つは、お父上『熊吾』の、息子への慈しみの言葉が、胸の奥深くに沁み入ってきます。最後の『野の春』で『熊吾』は『伸仁』にこう言います。

  『わしはお前が生まれた時からずっと、この子には他の誰にもない秀でたものがあると思うてきた。どこがどう秀でちょるのかわからんままに、何か格別に秀でたものをもっちょる子じゃとおもいつづけてきたんじゃ。しかしそれはどうも親の欲目じゃったようじゃ。お前にはなんにもなかった。秀でたものなんか、どこを探してもない男じゃった。お前は父親にそんな過度の期待を抱かれて、さぞ重荷じゃったことじゃろう。もうしわけなかった。このわしの親の欲目を許してくれ』

 ひ弱な体で産まれた『伸仁』を無事に成人させ、心優しい、多くの人から愛される、懐の深い男に育てあげる為に、病いの時は懐に入れ、雪道を転げ走って医者に診せ、また息子が瀕死の高熱で、水さえ受け付けない時に、自ら鶏を潰し、夜を徹して命のスープを作って飲ませ、息子を救った父でした。

 今は、妻にも愛想をつかされ、あった筈の財力も、体力も、全てを失いました。そんな『熊吾』が最後の最後の力を振り絞って、息子に「伝えた言葉」がここにありました。「息子よ、お前はこれから、血の出るような努力をせにゃーいけん。そうやなければ、お前の中に眠っちょる秀でたもんは姿を現わさんぞ」と…   

 これが残された『熊吾』ができる息子への出来る限りのエールだったのだと思います。上に抜粋した父の残した言葉の『裏』を、息子はいつかきっとわかる筈だと信じたのです。小さい頃から世の中の『表も裏』も見せてきたのですから。  

f:id:m385030:20181201204312j:plain

写真は、死の間際まで、息子を愛し、周りの人々を案じ、妻にこうべを垂れながら、心は熱く燃え盛っていた『火の玉 熊吾』の心を写したような一枚をお借りしました。      またお便り致します。どうかごきげんよう 

                        謹白

 

                                                                           清  月    蓮