花の降る午後に

~宮本輝さんへの手紙~

【79-7】『流転の海』全9巻  (その7){ 1~9巻のテーマ別  読後感を記載 }

宮本  輝 さま

 謹啓

『流転の海』の中に何度か出てくる『宿命』について、繰り返し考えておりました。このテーマは避けて通れません。「運命」という言葉なら、耳慣れております。それは、自分の意志に関係なく突然訪れる、降って湧いたような幸不幸の転機だろうと…

『流転の海』では、何度も『伸仁』は、危機一髪の災難から逃れています。『鳩の糞の大きな塊』が、体の直ぐ横に落ちてきたり『野壺』にはまったり。『熊吾』も倒壊した建物から奇跡のように逃れたり、重いドアに挟まれても、手の指を失わずに済みました。『房江』も自殺する覚悟だったのに、偶然、命を守られます。これらは全て「運命」の仕業だと思っています。 

では『宿命』とはなんでしょう。『運命と宿命』はどう違うのでしょうか。『房江』さんも考えています。『宿命とは命に宿る』と書くのだと…

だとするなら「運命」とは、自分の《外》からくるものであり『宿命』とは、生まれた時に既に自分の《内》に在るものだと考えました。

『宿命』について…

『熊吾』は、『父の故郷』に立ち、山や川や空や風や星を眺めて、故郷の空気を吸い込みながら《血の騒ぎを聴く》のです。 『血の騒ぎ』とは、言葉にできない、溜息や、呻きや、叫びや、願いや、悲鳴や、祈りや、歓喜の歌…のようなもの。深い静かな、体の奥のからの衝動。それこそが『宿命』を掌る正体のように思います。 父母や、もっと前の先祖から受け継がれた《血の騒ぎ》は、それぞれの命の中で育まれながらその姿を現します。幸福に繋がる喜ばしい『宿命』も、そうでない『宿命』も、やはり受け継がれているのです。父母が育った故郷は、自分の『宿命』と向き合い、刻まれた命の傾向を知る場所なのでしょう。

物語の中に、落語『鴻池の犬』が登場します。『伸仁』の落語好きの一場面として描かれています。『3 匹の犬』は、同じ親から同じ時刻に生まれ、一緒に道端に捨てられたのです。体の色は黒、ブチ、白と、三匹三様です。体の色の違いから分かるように生まれた時、既に『宿命』は始まっています。3匹は『宿命』に操られたように生き、しかも1匹は早くに死んでしまいます。同じ親から生まれても『宿命』は、個体ごとに、命に宿っているのです。落語ですから面白おかしく語られていますが、この噺を聞いていて、犬は『宿命』に従って生きるしかないのですが、人間には「宿命との戦い」が、きっとあるのだろうと思ったのです。そうでなければ『宿命』だけに支配された人生など、生きる意味が見つけられません。『宿命』を好転させたいと強く思ったなら、まず自分の『宿命』の傾向をしっかり掴まなければ、戦う事は出来ません。

長くなりましたので『宿命』については、あと少し、次のお便りに書かせて頂きます

f:id:m385030:20190119180948j:plain

写真は『熊吾』の故郷のイメージを感じてお借り致しました。このような美しい山里を守る事は、日本と日本人の心を守ることのように思います。『熊吾』の故郷 の、災害で崩されてしまった山々は、復興まで長い年月がかかります。お見舞い申し上げます。寒い日が続きます。御自愛くださいませ。どうかごきげんよう                                                                                                       謹 白

 

                                                                    清   月       蓮

 

 

 

流転の海 第1部 (新潮文庫)

流転の海 第1部 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第5部 花の回廊 (新潮文庫)

流転の海 第5部 花の回廊 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第7部 満月の道 (新潮文庫)

流転の海 第7部 満月の道 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第8部 長流の畔 (新潮文庫)

流転の海 第8部 長流の畔 (新潮文庫)

 

  

流転の海 第9部 野の春

流転の海 第9部 野の春