花の降る午後に

~宮本輝さんへの手紙~

【79-3】『流転の海』全9巻 (その3 ) { 1~9巻のテーマ別  読後感を記載 }

宮本  輝 さま

 謹啓

今夜は『房江』さんが、私の耳元で〈囁く声〉が聴こえてきました。

 

《 …稀有な運命に従うように、できることはやってきました。幼い頃はただ哀しくて、実の父にも捨てられて、いつもひとりぽっちでした。『奉公先』では力の限り働いても、受けるのは『折檻』の鞭でした。よく無事に成人できたと、自分の過去を振り返ります。『義母』が勧めた最初の結婚は、私を苦しめる縄のようで、誰かの為に働く気力さえ体の中から抜けてゆきました。その時、逃げるように辿り着いた『姉の家族』のやさしさに、救われたのです。二人の『姪』から「字」を学び「手仕事」を教えてもらいながら、私もまた生きてもいいのかと…初めて思ったのです。『まち川』の仕事は、新しい人生の入口でした。眠っていた機転の速さや、どんなに苦しくても守り抜いた金銭への潔癖さを認められて、未来に希望も生まれました。そんな時、出逢った『熊吾』に強く惹かれてゆきました。そして『伸仁』を授かり、流れた日々は、家族と周りの人達を大切にして懸命に働いて暮らしました。

思えば、私の人生にはいつも「食べ物」がそばにありました。中でも人生の節目に必ず登場した『鰻重』の事はよく思い出されてきます。 心も体も疲れ果て『婚家』から逃げて来た『姉の家』で、寝ている『枕元』に用意してくれた『鰻』を、私は嫌いでしかなかったのです。なのに、学校に行けなかった劣等感を少しでも拭う為に始めた『ペン習字の修了証書』が届いた日に『伸仁』と大阪で食べた『鰻重』は、本当に美味しかった。不思議なのは『夫の裏切り』を知り、生きる希望さえ失くし、死ぬ気で『プロバリン』を買って向かった『城崎』で、またしても『鰻重』を食べることになったのです。胃の中の『鰻重』が、まるで私に「生きろ」と言っているかのように、命を救われたのです。ですから、救われた命を『息子』の為に生きることに決めました。「食べ物」を作ることならできますとも。『伸仁』を大学に通わせて、なんとしても卒業させることが、私のこれからの「息子への贖罪」です。今では『女』と暮らす『熊吾』の事は、憎いような、どうでもいいような、それでもやっぱり尊敬と愛おしい気持ちは隠せません。いつか私の元へ戻ってくるまで『多幸クラブの社員食堂』で、少しでも喜ばれる『料理』を作って頑張るつもりです。そんな日々が続いていたのに、いつのまにか夫の『糖尿病』は悪化して、とうとう倒れてしまいました。病院のベットで『父』と『息子』は、まるで『接吻」のように、長い時間『おでこをくっつけて』いました。記憶に残るこれまでの時間を、お互いに通い合わせていたのでしょうか。私は『熊吾』の『泣き顔』のような表情を見て「お父ちゃんよくやったね。約束を守ったね。本当におめでとう」と心の中で語りかけました。

夫が亡くなった次の日に、駆けつけて来てくれた人達。その姿を見た時、いつか『同じ光景』を見たことがあると感じたのです。    その時は、はっきりしませんでしたが、それは…そう、夫が『ペン習字の修了証書』の褒美に『万年筆』を買ってくれた日に入った『映画館』です。題名もわからないスクリーンに映し出された映画の『ラストシーン』が目に飛び込んできました。ボロとしか言いようのない衣服に身を包んだ多勢の人々。『ロバも猫も 犬も老人も子供』もいる一団が、みんな愉しげに、まるで希望に向かって旗を振りながら歩いている映像でした。その人達のこれまでの『苦労』など、観たくもありません。自分の『過去』だって考えたくもありません。ただ前へ向かって歓びに満ちて歩くだけです。その場面を思い出し、どのような『過去』があろうと、私の夫は『熊吾』ひとりであり、息子は『伸仁』だけだと、改めて思ったのです。これから、もうひと頑張りして、こんな風に朗らかに歩いてゆけば、必ず幸せな『大草原』に行けるだろうと、そう思ったのです… 》

 

この『房江』さんの《囁く声》は、私の思い込みが過分に入り混じっております。読みながら彼女と同苦し、幸せな時は共に歓ぶ事が出来た、とても身近に感じられる人でした。

f:id:m385030:20181215102622j:plain

写真は、ひとり自分を見つめ、微笑みながら生きる『房江』さんの心のように感じてお借りしました。この白鳥のように、その後ろ姿のなんと美しいことでしょう。

ご自愛下さいませ。またお便り致します。どうかごきげんよう                                                                                                               謹白

 

                                                                  清    月        蓮

 

 

流転の海 第1部 (新潮文庫)

流転の海 第1部 (新潮文庫)

 

 

 

 

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第5部 花の回廊 (新潮文庫)

流転の海 第5部 花の回廊 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

流転の海 第6部 慈雨の音 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第7部 満月の道 (新潮文庫)

流転の海 第7部 満月の道 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第8部 長流の畔 (新潮文庫)

流転の海 第8部 長流の畔 (新潮文庫)

 

 

 

流転の海 第9部 野の春

流転の海 第9部 野の春